エクスプレス予約(EX予約)っておトク?料金、早特きっぷ、往復割引、使い方など徹底解説!

【楽天トラベル】お得なクーポン情報!
国内ツアー・新幹線・航空券・バスがお得に。
早い者勝ち「GoToトラベル」クーポンはこちら
ポイント還元最大40%還元|スーパーDEAL

新幹線の予約はネット予約を使うと色々と便利です。

地域によって利用できるネット予約サービスは違うのですが、東海道・山陽新幹線を利用する場合は「エクスプレス予約(EX予約)」が便利です。

誰でも使えて、料金もお得。変更も無料で何度でも可能です。

ここでは、エクスプレス予約(EX予約)の割引価格やアプリの使い方はもちろん、他の新幹線チケットとの料金比較まで詳しく解説していきます。

 




エクスプレス予約(EX予約)って何?年会費がいるの?

エクスプレス予約(EX予約)

「エクスプレス予約」は有料の会員制ネット予約サービスです。

スマホやパソコンを使っていつでもどこでも、東海道・山陽新幹線(東京~博多間)の自由席・指定席を予約でき、何度でも無料で予約の変更ができます。

エクスプレス予約(EX予約)の年会費は1,100円

「エクスプレス予約(EX予約)」を利用するには年会費1,100(税込)が必要です。

あらかじめ会員登録(クレジットカード登録)さえしておけば、新幹線のチケットを購入するために毎回みどりの窓口、券売機に並ぶ必要がありません。

ちなみに、同じJRの会員サービス「スマートEX」は無料です。「スマートEX」についてはこちらで詳しくまとめています。
関連ページスマートEXっておトク?料金、早特商品、往復割引、使い方など徹底解説!

会員専用「EX-ICカード」で新幹線に乗車

エクスプレス予約(EX予約)の会員になるとこのような専用のEX-ICカードが配布されます。

EX-ICカード

EX予約専用ICカードは、エクスプレス予約を利用するための新幹線乗車専用ICカードです。カードには氏名、ID番号などが記載されていて、このICカードを改札でかざして新幹線乗車します。チケットは不要です。

年に1,2回使えば元は取れる

年会費1,100円はすぐに回収できます。例えば、新大阪ー博多の新幹線(のぞみ)が15,600円。エクスプレス予約を使うと13,490円ですので、1回使えば元が取れます。

東京ー新大阪でも2回利用すれば年会費は回収できます。

 

 

エクスプレス予約(EX予約)で利用できる基本サービス

EX予約を使うと以下の3つの基本サービスが利用できます。

  1. EX予約サービス
  2. EX予約サービス(往復割引)
  3. e特急券

片道の場合は①を。往復の場合は②を利用すると往復料金が割引になります。e特急券は新幹線特急券のみを購入したい場合に利用します。

① EX予約サービス

「EX予約サービス」はEX予約の最も基本的な商品です。

「EX予約サービス」は、乗車日当日まで予約でき、東海道・山陽新幹線の指定席がおトクになる予約方法です。一年中必ず割引料金になり、指定席・自由席・グリーン車に乗ることができます。

  • 年末年始・GW等含め、年間を通じて割引料金
  • 当日、列車発車時刻の4分前まで予約可能
  • 予約の変更は列車発車まで何度でも手数料無料
  • 同伴者の料金も割引(同時に6名まで)

② EX予約サービス(往復割引)

往復の場合は往復割引が適用されます。

片道の営業キロが600キロを超える区間の往復行程をEX予約サービスから一括購入することで、乗車券料金が1割引になります。(新幹線特急券は割引になりません)

  • 年末年始・GW等含め、年間を通じて割引料金
  • 乗車日・列車・設備の変更が可能
  • 予約の変更は列車発車まで何度でも手数料無料
  • 同伴者の料金も割引(同時に6名まで)

③ e特急券

「e特急券」は、新幹線の特急券のみを割引価格で購入したい人に最適です。

例えば、割引乗車券(障害者割引や学割)と組み合わせて使うと、乗車券・特急券の両方が格安になります。

  • 特急券のみを割引価格で購入できる
  • 年末年始・GW等含め、年間を通じて割引料金
  • 当日、列車発車時刻の4分前まで予約可能
  • 予約の変更は列車発車まで何度でも手数料無料
  • 同伴者の料金も割引(同時に6名まで)

ただし上述の通り、往復割引と組み合わせるならEX予約サービス(往復割引)の方が安いです。また学割や障害者割引も特定の人限定なので、実際、e特急券は使い方が難しいきっぷです。

EX予約の早特商品

EX予約には、基本サービス以外に早特商品もあります。早特商品は全部で6種類。

  1. EX早特
  2. EX早特21
  3. EXグリーン早特
  4. EXのぞみファミリー早特
  5. EXこだまグリーン早特
  6. EXこだまファミリー早特

いずれも予約期限や設定区間に制限がありますが、とにかく料金が安いです。(詳細後述)

 

 

アプリが便利!エクスプレス予約(EX予約)の使い方

EXアプリ

エクスプレス予約(EX予約)を利用するなら、スマホアプリ(EXアプリ)が便利です。

EXアプリを使った新幹線の予約手順

あらかじめ登録をすましておいて、EXアプリをインストールします。

ログイン&条件設定

アプリを立ち上げるとすぐに条件設定画面に入ります。

EXアプリ使い方1

列車検索

希望の日時、乗車駅/降車駅、人数等を入れると、候補となる乗車便の一覧がでてきます。

EXアプリ使い方2

乗車便指定

希望の便を選んだあと、グリーン車/普通指定席・自由席/早特などを選択します。希望の早特商品が出てこない場合などは、入力条件を見直してください。(二人以上や土日限定の商品もあります。)

EXアプリ使い方3

座席指定&支払い

指定席を選択した場合は座席も自分で選べます。アプリ上で好きな場所を選べるので、じっくりと自分の好みの座席を選べます。

EXアプリ使い方4

最後に支払いOKボタンを押して予約完了です。登録しているクレジットカードから自動決済されます。

変更も同じ要領で手軽にできます。何度変更しても無料です。

 

 

【早割】エクスプレス予約(EX予約)で利用できる早特商品

EX早特商品・早割チケット

エクスプレス予約(EX予約)には6種類の早特商品があり、誰でも利用できます。

EX早特

「EX早特」は、3日前までの予約で長距離区間の「のぞみ」普通車指定席とグリーン車を格安料金で利用できる早割チケットです。平日と土休日の料金が異なり、休日の方がおトクで遠方の旅行に最適です。

  • 3日前までの予約可
  • 土休日はさらに割引(こども料金もあり)
  • 他の商品等に手数料無料で変更可能(差額は必要)
  • 同伴者の料金も割引(同時に6名まで)

「EX早特」の主要区間の料金は以下の通り。

通常料金
(のぞみ)
EX早特
東京-広島 19,440円 16,190円(平日)
15,790円(土休日)
東京-博多 23,390円 17,720円(平日)
17,310円(土休日)
新大阪-博多 15,600円 12,000円(平日)
11,200円(土休日)

EX早特の詳細はこちらでまとめています。
関連ページ「EX早特」の料金・予約・購入・使い方まとめ

EX早特21

「EX早特21」は、21日(3週間)前までの予約で、早朝・日中の「のぞみ」を最も格安で利用できます。旅行や結婚式など、前から予定が決まっているときにおすすめです。

  • 21日前までの予約で格安
  • 朝6時台、昼11~15時台の「のぞみ」普通車指定席が利用可能
  • 他の商品等に手数料無料で変更可能(差額は必要)
  • 同伴者の料金も割引(同時に6名まで)

「EX早特21」の主要区間の料金は以下の通り。

通常料金
(のぞみ)
EX早特21
東京-名古屋 11,300円 8,920円
東京-新大阪 14,720円 11,200円
名古屋-博多 18,890円 13,240円

EX早特21の詳細はこちらでまとめています。
関連ページ「EX早特21」の料金・予約・購入・使い方まとめ

EXグリーン早特

「EXグリーン早特」は、3日前までの予約で、早朝の「のぞみ」と終日の「ひかり」のグリーン車がおトクに利用できます。グリーン車で快適に過ごしたい方におすすめです。

ただし、設定区間は東京・横浜ー名古屋・京都・大阪・神戸に限られます。

  • 3日前までの予約可
  • 早朝の「のぞみ」と終日の「ひかり」のグリーン車が対象
  • 他の商品等に手数料無料で変更可能(差額は必要)
  • 同伴者の料金も割引(同時に6名まで)

「EXグリーン早特」の主要区間の料金は以下の通り。

通常料金
(のぞみ)
EXグリーン早特
東京-名古屋 14,960円 12,050円
東京-京都 19,040円 14,120円
東京-新大阪 19,590円 14,670円

EXグリーン早特の詳細はこちらでまとめています。
関連ページ「EXグリーン早特」の料金・予約・購入・使い方まとめ

EXのぞみファミリー早特

「EXのぞみファミリー早特」は、3日前までの予約で、土休日の「のぞみ」普通車指定席とグリーン車をおトクに利用できます。2名以上が条件で、こども用の設定もあるので、週末の家族旅行などにおすすめです。

「ファミリー」とありますが家族でなくても大丈夫です。友人との旅行でも使えます。ただし、1人での利用はできません。

設定区間は東京・新横浜発着に限られます。

  • 3日前までの予約可
  • 2名以上で利用可
  • 土休日の「のぞみ」普通車指定席とグリーン車が対象
  • 他の商品等に手数料無料で変更可能(差額は必要)

「EXのぞみファミリー早特」の主要区間の料金は以下の通り。

通常料金
(のぞみ)
EXのぞみ
ファミリー早特
東京-名古屋 11,300円 9,950円
東京-京都 14,170円 12,020円
東京-新大阪 14,720円 12,570円

EXのぞみファミリー早特の詳細はこちらでまとめています。
関連ページ「EXのぞみファミリー早特」の料金・予約・購入・使い方まとめ

EXこだまグリーン早特

「EXこだまグリーン早特」は、3日前までの予約で「こだま」グリーン車をお手頃な料金で利用できます。おトクにかつグリーン車で快適に過ごしたい方におすすめです。

設定区間は東海道新幹線に限られます。子供料金の設定はありません。

  • 3日前までの予約可
  • 「こだま」のグリーン車が対象
  • 他の商品等に手数料無料で変更可能(差額は必要)

「EXこだまグリーン早特」の主要区間の料金は以下の通り。

通常料金
(こだま)
EXこだま
グリーン早特
東京-名古屋 14,750円 9,170円
東京-京都 18,720円 11,200円
東京-新大阪 19,270円 11,410円

EXこだまグリーン早特の詳細はこちらでまとめています。
関連ページ「EXこだまグリーン早特」の料金・予約・購入・使い方まとめ

EXこだまファミリー早特

「EXこだまファミリー早特」は、3日前までの予約で「こだま」普通車指定席とグリーン車をEX商品で最もおトクに利用できます。2名以上でご利用でき、こども料金設定もあるので、家族・友人と一緒におトクに旅行したい方におすすめです。

設定区間は東海道新幹線に限られます。

  • 3日前までの予約可
  • 2名以上で利用可
  • 「こだま」普通車指定席とグリーン車が対象
  • 他の商品等に手数料無料で変更可能(差額は必要)

「EXこだまファミリー早特」の主要区間の料金は以下の通り。

通常料金
(こだま)
EXこだま
ファミリー早特
東京-名古屋 11,090円 8,050円
東京-京都 13,850円 9,980円
東京-新大阪 14,400円 10,080円

EXこだまファミリー早特の詳細はこちらでまとめています。
関連ページ「EXこだまファミリー早特」はお得?料金を徹底比較(予約・購入・使い方)

 

 

エクスプレス予約の特徴(メリット・デメリット)

エクスプレス予約のメリット・デメリットをまとめておきます。

エクスプレス予約(EX予約)のメリット

エクスプレス予約のメリットは多いです。

[aside type=”boader”]

  • チケットレス
  • 駅で並んできっぷ購入する必要がない
  • 発車直前(4分前)まで予約できる
  • 変更・キャンセルが楽
  • 何度でも無料で変更できる
  • 新幹線が割引料金
  • 早特利用ならさらに安く
  • 閑散期や繁忙期の区別はなく1年中同額
  • 予約の事前申込ができる
    ※発売開始日の7日前の5時30分から
  • グリーンポイントが貯まる
    ※グリーン車を利用できる

[/aside]

やはり、新幹線料金が安くなるのが最大のメリットでしょう。

エクスプレス予約(EX予約)のデメリット

逆にデメリットもあります。

[aside type=”boader”]

  • 年会費(1,100円)が必要
  • ICカードを携帯するのが面倒
  • 登録できるクレジットカードが限定されている
  • 新幹線の乗り継ぎ割引が使えない
  • 東京~博多間以外に設定がない
  • 山陽新幹線は早特商品が少ない
  • 二人以上で利用するときは発券する必要がある

[/aside]

エクスプレス予約とスマートEXの比較

エクスプレス予約のメリットがあまり響かない人は、スマートEXでも十分かもしれません。

エクスプレス予約とスマートEXをじっくり比較した上で検討してもいいでしょう。

[aside type=”boader”] 両サービスの比較は以下にまとめています。
関連ページ:便利?お得?スマートEXとエクスプレス予約(EX予約)の違いを詳しく比較・解説[/aside]

 

 

エクスプレス予約を使わない方が良いケース

エクスプレス予約は便利で安いのは間違いないですが、やはり年会費と決済用のクレジットカードが限定されるのが大きなマイナスポイントです。

特に、以下のようなケースは、エクスプレス予約を利用するかよく検討した方が良いでしょう。

こだまの格安きっぷを利用する場合

「いつも、こだま(ひかり)の格安チケットを利用している」という人は、エクスプレス予約は不要です。

例えば、山陽新幹線なら「バリ得こだま・ひかり」があり、東海道新幹線なら「ぷらっとこだま」があります。料金ははるかにこちらの方が格安です。

料金面だけならエクスプレス予約やエクスプレス予約の早特チケットを選ぶ必要が全くありません。

予約・料金バリ得こだま

関連ページ格安すぎる!『バリ得こだま』 簡単ガイド
関連ページ「ぷらっとこだま」より安いきっぷを紹介!

宿泊する場合

旅行・出張などで宿泊する場合は、新幹線パックを利用した方がいいです。

新幹線チケットと宿がセットで大幅割安料金になります。エクスプレス予約はあくまで新幹線料金のみが安くなるだけなので、トータルのコストでみると新幹線パックの方が断然安くなります。

新大阪ー博多 片道 往復
EX予約 13,490円 24,620円
新幹線パック 18,000円〜
※1泊料金込み

Web予約・料金新幹線+ホテル宿泊がお得!

スマートEXでこと足りる場合

同じJRの会員制サービスで「スマートEX」があります。スマートEXで十分!という人はエクスプレス予約は不要です。

普通に新幹線チケットを購入するなら、エクスプレス予約の方が断然料金は安いですが、早特商品(EX早特、EX早特21など)はスマートEXもエクスプレス予約も同料金です。

在来線の特急に乗り継ぐ場合

エクスプレス予約を利用すると乗り継ぎ割引が適用されません。

新幹線から在来線の特急に乗り継ぐ場合、乗り継ぎ割引で特急料金が半額になりますが、エクスプレス予約で新幹線を予約してしまうと、この乗継割引が利用できないので、新幹線駅区間は割引料金で得するけれど在来線区間で損をするという事態になり得ます。

障害者割引・学割を使う場合

障害者割引や学割を使うと乗車券が割引になります。

エクスプレス予約は障害者割引・学割より割引率が低いので、障害者割引・学割が使える人は多くの場合エクスプレス予約を使うメリットは皆無です。

エクスプレス予約の早特商品を利用するなら区間によっては、障害者割引や学割よりお得になる可能性はありますが、上述の乗り継ぎ割引なども絡むと、やはりエクスプレス予約のメリットはより小さくなります。

 

 

エクスプレス予約はどれくらい安い?料金を比較!

最後に、エクスプレス予約(とくに早特商品)と他の格安チケットとの料金比較をみておきましょう。

東京ー大阪の新幹線料金比較

一例として、東京ー大阪の新幹線料金を比較して見ましょう。下にいくほど料金は安くなります。

※2019年12月現在の料金です。

新幹線乗車手段 料金
のぞみ 14,720円
のぞみ(スマートEX) 14,520円
ひかり・こだま 14,400円
ひかり・こだま
(スマートEX)
14,200円
回数券 13,940円
自由席 13,870円
自由席(スマートEX) 13,870円
e特急券(指定席) 13,820円
EX予約(指定席) 13,620円
EX早特21 11,200円
ぷらっとこだま 10,700円

※年齢制限、人数制限のあるチケットや季節限定のきっぷ・商品は除いています。

ご覧の通り、「エクスプレス予約」や「EX早特21」より「ぷらっとこだま」の方が安いですね。

日帰りの場合は、「トーキョーブックマーク」などの日帰り旅行商品がさらに格安で、宿泊の場合は「新幹線パック」を利用した方がトータルの旅行代金がさらに安くなります。

Web予約・料金新幹線+ホテル宿泊がお得!

エクスプレス予約より安い新幹線チケットはたくさんある!

結論として、エクスプレス予約自体は最安ではありません。

エクスプレス予約の早特商品である「EX早特」や「EX早特21」は確かに割安ですが、下記のような旅行商品には完全に負けます。

[aside type=”boader”]

  • こだまの格安チケット
  • 新幹線パック
  • 日帰り新幹線ツアー

[/aside]

それでも、スマートEXは無料なので登録だけ済ませておけば、いつでも気軽に利用できるメリットはあります。



2020年3月11日EX予約・スマートEX