【最安7,000円~】料金比較!「新幹線大阪割引きっぷ」はお得?

【楽天トラベル】お得なクーポン情報!
国内ツアー・新幹線・航空券・バスがお得に。
早い者勝ち「GoToトラベル」クーポンはこちら
ポイント還元最大40%還元|スーパーDEAL

新幹線−新大阪駅




JR九州が販売する「新幹線大阪割引きっぷ」は、福岡(博多・小倉)ー新大阪間のお得な新幹線往復きっぷです。

博多駅、小倉駅から乗車可能な往復チケットなので、福岡、九州方面から大阪の旅行に便利です。

少しでも安い新幹線チケットを探している人も多いと思いますので、ここでは「新幹線大阪割引きっぷ」を紹介しつつ、「新幹線大阪割引きっぷ」と旅行各社から出ている新幹線格安チケットを色んな角度から比較してみたいと思います。

※新幹線大阪割引きっぷの販売は2018年3月31日をもって終了しました。現時点の大阪ー福岡間の新幹線の最安チケットは「バリ得こだま」です。大阪-福岡が7,000円〜です。
・新大阪⇔博多:7,600円
・新大阪⇔小倉:7,000円

詳細は以下を御覧ください。

予約・料金バリ得こだま

また、宿泊付きの旅行なら「新幹線パック」が最強に格安です。

Web予約・料金大阪⇔福岡の新幹線ホテルパック

 




「新幹線大阪割引きっぷ」とは

新幹線大阪割引きっぷをザックリ説明すると

  • 通常の新幹線きっぷより割安。
  • 大阪ー福岡往復26,940円~<子供は13,470円>
  • 「みどりの窓口」等で当日まで購入可能
  • 往復きっぷセット購入
  • のぞみ、みずほなどの指定席乗車
  • 1名から購入可能
  • 7日間有効
  • 払い戻し可
※新幹線大阪割引きっぷの販売は2018年3月31日をもって終了しました。
福岡ー大阪の往復旅行をお考えの方は、以下を参考にしてください。
関連ページ《往復15,000円~》格安新幹線(新大阪-博多)の料金比較!
※片道の場合は「バリ得こだま」が最安です。(後述)

通常の新幹線チケットよりは割安なので、往復することが確実で7日以内の旅行ならお得です。

詳細はこちら新幹線大阪割引きっぷ|JRおでかけネット

 

他の新幹線チケットとの料金比較

普段あまり新幹線に乗らない人はどれくらいお得かわからないと思いますので、他の新幹線チケットとの比較をまとめておきます。

ここでいう新幹線チケットにはJRの切符に加えて、各旅行会社が販売している格安チケットも含まれます。

以下は、新大阪-博多間の片道指定席(乗車券+特急券)の料金です。

新幹線乗車手段 料金
のぞみ・みずほ 15,600円
のぞみ・みずほ
(スマートEX)
15,400円
さくら・ひかり・こだま 15,280円
さくら・ひかり・こだま
(スマートEX)
15,080円
自由席、スマートEX自由席 14,750円
のぞみ・みずほ
(往復割引)
14,620円
のぞみ・みずほ
(往復割引+スマートEX)
14,420円
さくら・ひかり・こだま
(往復割引)
14,300円
さくら・ひかり・こだま
(往復割引+スマートEX)
14,100円
自由席
(往復割引)
13,770円
自由席
(往復割引+スマートEX)
13,770円
新幹線福岡/大阪割引きっぷ 13,470円 ※販売終了
回数券(金券ショップ) 13,520円
EX予約、eきっぷ、e特急券 13,490円
eきっぷ、e特急券
(往復割引)
12,510円
EX予約(往復割引) 12,320円
EX早特 11,200円
スーパー早得きっぷ 10,480円
こだまスーパー早得きっぷ 8,660円
まる得こだま・ひかり 7,850円
ひかり・こだまでGOGO 7,800円
バリ得こだま・ひかり 7,600円
バリ得こだま・ひかり(往復) 6,850円

(2019年12月現在の料金)
※年齢制限、人数制限のあるチケットや旅行商品は除いています。

料金の安さだけを見ると、旅行会社各社の格安チケットの方が圧倒的に有利です。

新幹線大阪割引きっぷが13,470円に対して、格安チケットはその半額に近い場合もあります。

最も安い日本旅行の「バリ得こだま・ひかり」だと新大阪-博多間が往復でも15,000円弱で済んでしまいます。とにかく安さを求めるならオススメです。これが新大阪-博多の最安値です。

予約・料金バリ得こだま

バリ得こだまの詳細は以下にまとめています。
参考【大阪⇔福岡が格安!】新幹線「バリ得こだま」の予約・購入・使い方



 

新幹線大阪割引きっぷか格安チケットか

格安チケットに比べて新幹線大阪割引きっぷもメリットはあります。料金以外のポイントも考慮に入れたい人は以下も参考にして下さい。

のぞみ、みずほ、さくらに乗車可能

格安チケットは「こだま・ひかり」の利用になります。

時間がかかりますね。新大阪-博多の時間で比べると以下の通りです。

  • こだま:約4時間半
  • ひかり:3時間~3時間半
  • のぞみ、みずほ、さくら:約2時間半

当日購入可能

「バリ得こだま」をはじめとする旅行会社の格安チケットは、Web上での予約・購入になるので、当日購入することはできません。

最も直前で変える「バリ得こだま」でも3日前。他のチケットなら1週間前に購入する必要があります。

それに比べると、新幹線大阪割引きっぷは当日購入できるので、乗車日にJRのみどりの窓口にいけば手に入れる事ができます。

指定列車に乗り遅れても自由席に乗車可能

万一なにかあって指定の便に遅れた場合、格安チケットだと後続の他の便に乗れませんが、新幹線大阪割引きっぷなら可能です。

JRの「おでかけネット」に以下のように記載があります。

【指定列車に乗り遅れた場合】

  • きっぷの有効期間内は乗車券部分のみ有効となり、特急列車等に乗車する場合は別に特急券等該当する料金券の購入が必要です。
  • ただし、指定券に表示された乗車日の当日に限って、利用できる対象列車の普通車自由席に乗車できます。

 

関連情報

宿泊付きの旅行の場合は「新幹線+ホテル」パックがお得!

宿泊ありの旅程なら、新幹線と宿を別々に予約するのは賢い選択肢ではないです。

「新幹線+ホテル」パックが圧倒的に格安ですので、これを利用しましょう。新大阪-博多間なら時期にもよりますが、新幹線往復+ホテルで17,000円~程度で予約できます。

参考大阪⇔福岡・博多『新幹線ホテルパック』でJR往復+宿泊が格安17,000円~!

新大阪-博多間の最安値

個人的には新幹線が一番快適で疲れないと思いますが、バスや飛行機など新幹線以外の選択肢も考慮したい方は以下も参考にして下さい。

参考【大阪-福岡・博多】最新の最安値比較!-新幹線/飛行機/高速夜行バス



2020年5月31日福岡・博多⇔大阪