東京⇔熱海【往復割引4,000円〜】新幹線・踊り子が半額!日帰りはさらに格安

熱海


ここでは、東京ー熱海を往復する場合の「料金を格安にする方法」について書いています。

東京ー熱海間は新幹線または特急で移動するのが早くて便利です。

東京ー熱海間は、いわゆるJRの「往復割引」は使えませんが、格安チケットを利用することで往復料金が大幅に割引(最大半額以下)になります。

安くする手段は、条件によって(片道/往復、宿泊のあり/なし等)全く異なるので、ここでは以下の3つのケースに分けて新幹線往復料金の最安チケットを紹介します。

  1. 片道の場合 ⇒ 3,390円
  2. 往復(宿泊あり)の場合 ⇒ 往復9,100円~(宿泊1泊込み)
  3. 往復(宿泊なし)の場合 ⇒ 往復4,000円

上記1、2、3を場合分けして詳しく見ていきましょう。

 




「こだま」か「踊り子」か?東京ー熱海は新幹線or特急どっちが便利で安い?

新幹線コーヒー

東京駅ー熱海駅の移動は一般的に新幹線か特急の選択肢になると思います。

まずは、簡単に両者を比較してみます。

新幹線と特急「踊り子」の時間・料金比較(東京駅ー熱海駅)

新幹線の場合は「こだま(ひかり)」、特急の場合は「踊り子」を利用することになります。

新幹線は特急に比べ速いですが料金は高めとなります。要点をまとめると次の通りです。

車両 時間 料金
(指定席)
新幹線 こだま
ひかり
約45分 4,270円
特急 踊り子 約1時間20分 3,560円
普通 約2時間 1,980円

新幹線を利用する場合は、こだま(一部のひかり)乗車となります。のぞみは熱海駅に停車しません。自由席を利用すれば料金は3,740円に抑えることができます。

一方、特急「踊り子」は指定席で3,560円です。ただし、乗車時間は新幹線の倍近くになります。

もちろん普通列車でも移動可能ですが約2時間かかります。ゆっくり車窓の風景を楽しみたい人にはいいと思います。

東京ー熱海の高級観光列車「サフィール踊り子」も

特急「踊り子」にはさらに上位の「サフィール踊り子」があります。

こちらは、優雅な伊豆の旅が楽しめる高級観光特急という位置付けで、料金も最も安い座席で6,640円〜と新幹線をもはるかに凌ぐ設定となっています。

「サフィール踊り子」は全車グリーン車指定席、個室またはプレミアムグリーン車指定席のみで構成されていて普通車は連結されていません。上質な熱海旅行を求める方はこちらも考慮していいでしょう。

 

1. 東京ー熱海の片道、格安の移動方法

東京ー熱海の格安新幹線

東京ー熱海の格安移動、まずは片道の場合です。

片道だと特別割引のきく格安チケットなどは使えません。

料金最安は新幹線「回数券」

純粋に料金だけを考えれば、東京ー熱海の最安は新幹線「回数券」です。

※回数券は2025年3月末で廃止となります。

東京ー熱海 新幹線料金(片道)

料金
特急「サフィール踊り子」 6,640円〜
のぞみ指定席
ひかり・こだま指定席 4,270円
スマートEX 4,070円
e特急券 4,000円
EX予約 4,000円
ひかり・こだま自由席 3,740円
特急「踊り子」 3,560円
新幹線回数券
(自由席)
3,390円
ぷらっとこだま

ご覧の通り、割引率が高いのは「回数券(自由席)」。東京ー熱海間の回数券は自由席限定になりますが安さは魅力です。

回数券はJRの窓口で6枚綴り(20,340円)で販売されていますが、金券ショップに行けば1枚単位でバラ売りされています。

ちなみに、東海道新幹線の格安チケット「ぷらっとこだま」は東京ー熱海間では利用できません。

 

2. 往復割引!実質、半額も!東京ー熱海の特急・新幹線の往復の最安値(宿泊ありの場合)

宿泊する場合は、「JR+ホテルパック」を利用するのが賢い方法です。往復の割引料金となり最も格安な方法です。

東京ー熱海なら、宿泊込みで往復9,100円~で探せます。
※料金は執筆時点のもの。時期により多少変動あり

「新幹線パック」というのは、JRの往復チケット(新幹線・特急)と宿泊がパックになった旅行商品のことです。セットになることで大幅な割引料金が提供されます。実質、旅行代金が半額になることもあります。

予約・料金東京から熱海熱海から東京

「JR+ホテルパック」が格安すぎて他と比較しようがない

新幹線+ホテルパック

JR+ホテルパックの特徴は以下の通りです。

  • 「往復チケット(新幹線・特急)+ホテル宿泊」セットで格安
  • 前日まで予約可
  • 2人以上がおすすめ
  • 格安〜高級までホテルのグレードを選べる

往復のチケット料金(新幹線・特急)だけでも圧倒的に格安なのに、それにホテル宿泊まで付いてくるのが新幹線パックの最大の特徴です。

予約・料金東京から熱海熱海から東京

東京ー熱海「往復」の料金比較

JR+ホテルパックがどれくらい安いか確認しておきましょう。

各移動手段の「往復」料金は以下の通りです。(ちなみに、東京ー熱海間は往復割引がききません。)

東京ー熱海 新幹線料金(往復)

料金
特急「サフィール踊り子」 13,280円〜
ひかり・こだま指定席 8,540円
スマートEX 8,140円
e特急券 8,000円
EX予約 8,000円
ひかり・こだま自由席 7,480円
特急「踊り子」 7,120円
新幹線回数券
(自由席)
6,780円
日帰りJR 4,000円

普通に窓口できっぷを購入すると「踊り子」の往復で7,120円。

新幹線こだま自由席の「回数券」でも6,780円となります。

上の各新幹線料金にホテル代を7,000円(1泊)と仮定して加算してみると以下のようになります。

東京ー熱海 新幹線料金(往復+ホテル宿泊)

料金
特急「サフィール踊り子」 20,280円〜
ひかり・こだま指定席 15,540円
スマートEX 15,140円
e特急券 15,000円
EX予約 15,000円
ひかり・こだま自由席 14,480円
特急「踊り子」 14,120円
新幹線回数券
(自由席)
13,780円
JR+ホテルパック 9,100円〜

新幹線とホテルを別々で予約すると、最安でも13,780円。

一方、JR+ホテルパックは9,100円〜。宿泊ありの場合は「JR+ホテルパック」以外に選びようがない、という結論になります

「この料金差は何?怪しい…」と思うかもしれませんが、決して怪しい旅行商品ではありません。大手旅行会社から販売する正規の旅行商品です。

予約・料金東京から熱海熱海から東京



 

2. 半額以下!東京ー熱海の新幹線の最安値(宿泊なしの場合、日帰りの場合)

日帰り新幹線パック

次に往復(宿なし)の場合です。

東京ー熱海間は往復割引などがないので、基本的に片道の2倍の料金となります。つまり、回数券で往復するのが最安の手段となります。

ただし、日帰りの場合は日帰りの旅行商品があるので、これを利用すると格安になります。

東京ー熱海の日帰りならJTB「JR•新幹線日帰りツアー」が往復4,000円〜で格安!

格安新幹線・踊り子_熱海

東京発で熱海への往復の場合は、「JR•新幹線日帰りツアー」がおすすめです。

東京ー熱海の往復が4,000円〜です。特急「踊り子」での日帰り往復になります。

私も実際、この日帰り格安チケットを使ってみました。私の場合、横浜発だったのさらに安くて料金が2,800円。踊り子で横浜ー熱海の往復が2,800円ですよ!

東京ー熱海の日帰り格安チケットのポイント

東京から熱海日帰りの格安ツアーのポイントをまとめると次のとおり。

  • 東京ー熱海のJR往復が格安4,000円〜
  • 特急「踊り子」乗車
  • 一人利用もOK。
  • 前日まで予約可
  • 観光特典付き

上述の通り、「新幹線回数券」で東京ー熱海往復が6,780円でしたので、比較すると料金差が圧倒的に格安です。

さらに「JR•新幹線日帰りツアー」は、JRチケットが格安なのに加えて、熱海観光のお得な特典(手荷物預かりなど)がついてくるのが特長です。

また、ツアーといっても集合などありませんし現地滞在中は自由です。観光ではなく単に友達に会いにいくだけの用事でも使えます。

東京ー熱海の日帰り旅行ならこれを利用しない手はないです。

予約・料金日帰り1DAY新幹線|JTB

熱海から東京の日帰りもOK

ちなみに、あまり需要はないかもしれませんが、逆方面「熱海から東京」の日帰り旅行商品もあります。

熱海発で東京への日帰りの場合は7,400円〜。(※料金は時期により多少変動します)

予約・料金日帰り1DAY(静岡発)



2024年2月2日格安比較