【最安7,800円~】「こだまスーパー早特きっぷ」と格安チケットの比較

【楽天トラベル】割引クーポン情報!
早い者勝ち【10/3まで】クーポン祭りはこちら

【じゃらん】キャンペーン情報!
【9/30まで】急げ!秋旅クーポン配布中
お得クーポン県民割はこちら

新大阪ー博多・小倉新幹線料金比較




 

2021年9月、こだまスーパー早特きっぷは販売終了しました。
現在、こだま最安はJTB「トクトクこだま」です。格安チケットをお探しの方は以下を御覧ください。
料金・予約トクトクこだま・ひかり|JTB

 

JR西日本が販売する「こだまスーパー早特きっぷ」は、お得な新幹線早割チケット。

名前のとおり、こだま限定乗車です。料金は以下の通り。

  • 新大阪-博多 8,660円
  • 新大阪-小倉 8,650円

「こだまスーパー早特きっぷ」は料金が格安で上り下りともに使えますので、大阪・神戸から九州(博多、小倉)方面、逆に九州から大阪・京都方面に移動する場合にとても便利なチケットです。

ただ、「こだまスーパー早特きっぷ」が最安というわけではありません。

新大阪ー博多・小倉間の新幹線格安チケットは「こだまスーパー早特きっぷ」だけでなく、旅行会社からもたくさん出ています。なかでも「トクトクこだま」は、大阪-福岡(博多・小倉)が7,800円〜で、これが最安です。

  • 新大阪-博多 8,300円
  • 新大阪-小倉 7,800円

料金・予約トクトクこだま・ひかり|JTB

また、宿泊有りの旅行なら「新幹線パック」が最強に格安です。

\新幹線パックの予約・料金チェックはこちら/
予約・料金大阪から福岡福岡から大阪

ここでは「こだまスーパー早特きっぷ」を紹介しつつ、他の格安チケットとの比較をしていきます。

※過去に「こだま早特往復きっぷ」という超格安の早割チケットもありましたが、今は販売されていませんのでご注意下さい。

 




「こだまスーパー早特きっぷ」とは

こだまスーパー早特きっぷをザックリ説明すると

  • 通常の新幹線きっぷより割安。
  • 新大阪ー福岡・小倉片道8,660円~<子供は4,330円>
  • ネット予約「e5489」でのみ購入可能
  • 1ヶ月前~14日前までに購入
  • 1名から購入可能
  • チケットの受け取りはJR窓口

通常の新幹線チケットより4割くらい割安なので、すでに旅程が決まっていて早めに予約が可能な方はお得なチケットです。

詳細はこちらこだまスーパー早特きっぷ

※こだま限定ではなく「のぞみ」「みずほ」「さくら」に乗車したい人は、2,000円ほど料金は高くなりますが「スーパー早特きっぷ」を利用するといいです。
関連ページ「スーパー早特きっぷ」と格安チケットの比較

こだまスーパー早特きっぷの乗車区間

新大阪-博多と書いてきましたが、正確には以下が対象区間です。

新大阪・新神戸-博多・小倉

それぞれの区間の料金はこちらです。いずれも同料金です。

  • 新大阪−博多 8,660円
  • 新神戸−博多 8,650円
  • 新大阪−小倉 8,660円
  • 新神戸−小倉 8,650円

こだまスーパー早特きっぷの注意点

こだまスーパー早特きっぷは大幅割引が適用される分、乗車条件が少し厳しいです。以下に気をつけて下さい。

  • 乗車便の変更はできません
  • 乗り遅れた場合はチケットは無効
  • 払い戻しの場合は手数料がかかります


 

こだまスーパー早特きっぷと他の新幹線チケットとの料金比較

「こだまスーパー早特きっぷ」の購入を検討中の人は、少し時間がかかってもいいので格安料金で新幹線に乗車したい方だと思いますので、他の新幹線チケットとの料金比較もまとめておきます。

ここでいう新幹線チケットにはJRの切符に加えて、各旅行会社が販売している格安チケットも含まれます。

以下は、新大阪-博多間の片道指定席(乗車券+特急券)の料金です。

新大阪ー博多 料金
のぞみ・みずほ 15,600円
のぞみ・みずほ
(スマートEX)
15,400円
さくら・ひかり・こだま 15,280円
さくら・ひかり・こだま
(スマートEX)
15,080円
自由席、スマートEX自由席 14,750円
新幹線福岡/大阪割引きっぷ
※販売終了
13,470円
回数券(金券ショップ)
※販売終了
13,520円
EX予約、eきっぷ、e特急券 13,490円
EX早特(平日) 13,140円
EX早特(土休日) 12,770円
スーパー早得きっぷ 11,690円
まる得こだま・ひかり 8,850円
こだまスーパー早得きっぷ
※販売終了
8,660円
バリ得こだま・ひかり 8,600円
トクトクこだま・ひかり 8,300円

(2022年4月現在の料金)

料金の安さだけを見ると、旅行会社各社の格安チケットの方が有利ですね。

最も安い日本旅行の「バリ得こだま・ひかり」だと新大阪-博多間が片道でも7,000円前半で済んでしまいます。とにかく安さを求めるならこちらがオススメです。

現時点では「バリ得こだま・ひかり」が新大阪-博多の最安値です。

予約・料金バリ得こだま

※現在、最安はJTB「トクトクこだま」になりました!

Web予約・料金トクトクこだま・ひかり|JTB
※10月〜の予約開始は9/28以降とのことです。お急ぎの方は「バリ得こだま」をご利用ください。

JTB「とくとくこだま・ひかり」の料金など詳細はこちらにまとめています。
関連ページ《新幹線7,800円~》JTB「とくとくこだま・ひかり」は最安か?

 

こだまスーパー早特きっぷか格安チケットか

料金以外の点で、こだまスーパー早特きっぷと旅行会社の格安チケットを比較してみます。料金以外のポイントも考慮に入れたい人は以下も参考にして下さい。

ここでいう「旅行会社の格安チケット」とは、以下の商品のことを意味します。

  • きままにこだま(近畿日本ツーリスト)
  • こだまっぷ・ひかりっぷ(南海国際旅行)
  • こだま・ひかりでGOGO(JTB)
  • まる得こだま・ひかり(阪急交通社)
  • バリ得こだま・ひかり(日本旅行)
  • とくとくこだま・ひかり(JTB)


「こだま」だけでなく「ひかり」に乗車可能

「バリ得こだま」をはじめとする旅行会社の格安チケットは「こだま・ひかり」の利用が可能なので、便は少ないですが「ひかり」にも乗車可能です。

こだまスーパー早特きっぷは「こだま」しか乗車できません。

新大阪-博多の時間で比べると以下の通りです。

  • こだま:約4時間半
  • ひかり:3時間~3時間半

購入期限

旅行会社の格安チケットは、Web上での予約が主でだいたい前日~7日前までの購入となっています。

予約期限
こだまスーパー早特きっぷ 14日前まで
きままにこだま 8日前まで
こだまっぷ・ひかりっぷ 4日前まで
ひかり・こだまでGOGO 5日前まで
まる得こだま・ひかり 8日前まで
バリ得こだま・ひかり 前日まで
とくとくこだま・ひかり 前日まで

最も直前まで購入できるのが「とくとくこだま・ひかり」と「バリ得こだま・ひかり」で前日までです。

こだまスーパー早特きっぷは14日前までの購入になります。

年末年始、お盆、GWの利用

旅行会社の格安チケットは、年末年始、お盆の帰省の時期、ゴールデンウィークは必ず割増料金になります。

例えば、「バリ得こだま」で言えば2020年のお盆期間は9,500円でしたので、通常の7,000前半の料金から2,000円以上高くなりました。他各社も同じです。

一方、こだまスーパー早特きっぷは繁忙期でも8,660円の一律料金です。こちらの方が有利です。

小倉・新神戸での乗降車

こだまスーパー早特きっぷは良くも悪くも8,660円一律料金です。

小倉や新神戸で乗降しても料金はほぼ変わらないので、他のチケットに比べて料金的にこだまスーパー早特きっぷは不利になります。

例えば、小倉-新大阪の料金を見てみると以下のようになります。

《2022年4月現在の料金》

こだまスーパー早特きっぷ
※販売終了
8,660円
きままにこだま
※販売終了
8,400円
こだまっぷ・ひかりっぷ 8,300円
まる得こだま・ひかり 8,250円
こだま・ひかりでGOGO
※販売終了
8,200円
バリ得こだま・ひかり 8,100円
とくとくこだま・ひかり 7,800円

最安の「とくとくこだま・ひかり」とは約800円の料金差がついてしまいました。

Web予約・料金トクトクこだま・ひかり|JTB
※10月〜の予約開始は9/28以降とのことです。お急ぎの方は「バリ得こだま」をご利用ください。

 

関連情報

宿泊付きの旅行の場合は「新幹線+ホテル」パックがお得!

宿泊ありの旅程なら、新幹線と宿を別々に予約するのは賢い選択肢ではないです。

「新幹線+ホテル」パックが圧倒的に格安ですので、これを利用しましょう。新大阪-博多間なら時期にもよりますが、新幹線往復+ホテルで17,000円~程度で予約できます。

参考大阪⇔福岡・博多『新幹線ホテルパック』でJR往復+宿泊が格安17,000円~!

新大阪-博多間の最安値

個人的には新幹線が一番快適で疲れないと思いますが、バスや飛行機など新幹線以外の選択肢も考慮したい方は以下も参考にして下さい。

参考【大阪-福岡・博多】最新の最安値比較!-新幹線/飛行機/高速夜行バス



2022年5月24日福岡・博多⇔大阪