【往復8,800円~】大阪・京都⇔金沢(サンダーバード)を格安にする方法

【楽天トラベル】お得な旅行クーポン情報!
国内ツアー・新幹線・航空券・バスがお得に。
枚数限定!早い者勝ち!割引クーポン
7/6までポイント4倍!先割キャンペーン

金沢駅




ここでは、大阪・京都-金沢間を往復する場合の「サンダーバードの格安チケット」について書いています。

まず、往復というと「往復割引」が真っ先に思いつきますが、必ずしもJRの往復割引が最安とは限りません。そもそも大阪ー金沢間は往復割引がききません。

また、大阪・京都-金沢間は新幹線がありませんので、特急サンダーバードを利用するのが時間と料金面で最適な手段ですが、当日窓口で切符を買ってしまうのは少しもったいない選択肢です。

チケットの購入方法によっては、サンダーバードの料金は安くなります。

特急サンダーバードの往復料金は、宿泊のあり/なしで選び方が全く異なるので、ここでは以下の2つのケースに分けて最安チケットを紹介します。

  1. 宿泊ありの場合 ⇒ 往復13,400円~
  2. 宿泊なしの場合 ⇒ 往復8,800円〜

上記1、2を場合分けして、詳しく見ていきましょう。

 




1. 【宿泊ありの場合】往復サンダーバード料金の最安値

日本旅行新幹線パック

宿泊する場合は、「JR+宿泊パック」を利用するのが賢い方法です。最も格安です。

大阪ー金沢なら、13,400円~で探せます。京都発着ならもっと安いです。(※料金は時期により多少変動します)

Web予約・料金大阪⇔金沢の格安サンダーバードホテルパック

「JR+宿泊」というのは、特急サンダーバードの往復料金と宿泊がパックになった旅行商品のことです。

新幹線パック内容

「JR(特急サンダーバード)+宿泊」パックが格安すぎて他と比較しようがない

大阪金沢サンダーバードパック

普通にJRでチケットを買うと大阪-金沢の乗車料金は約15,000円(往復)です。

一方「JR+宿泊パック」だと、上記の通り往復のサンダーバードに宿泊までついて13,400円~で探せます。往復の特急料金だけでも圧倒的に格安なのに、それに宿泊まで付いてきます。

「この料金差は何?怪しい…」と思うかもしれませんが、とくにデメリットはありません。列車も選べますしホテルも選択可能です。

他にもたくさん格安チケットがありますが、チケットとホテルを別々に取ってしまうと、どうやっても「JR+宿泊パック」には料金で勝てません。

Web予約・料金大阪⇔金沢の格安サンダーバードホテルパック

他の格安チケットとの往復料金比較

各種サンダーバード往復チケットの料金は以下の通りです。

大阪ー金沢 特急乗車料金(往復)

サンダーバード乗車手段 料金
金沢・加賀・能登ぐるりんパス
(※2名以上、京都大阪神戸発)
16,300円
北陸乗り放題きっぷ
(※2名以上、京都大阪神戸発)
15,850円
関西往復フリーきっぷ 15,330円(※販売終了)
サンダーバード指定席 15,580円
チケットレス特急券 15,180円
自由席 14,520円
回数券 14,400円
eチケットレス特急券 14,360円
eきっぷ 14,360円
WEB早特1 13,000円
日帰り金沢 8,800円

普通に乗車券を購入すると往復15,000円程度。ネット予約(e5489)専用「WEB早特1」が最安で、13,000円となります。

ちなみに、一番下の「日帰り金沢」は日帰り限定の激安チケットです。(詳細後述)

上の各料金にホテル代を仮に6,000円(1泊)として加算してみると以下のようになります。

大阪ー金沢 サンダーバード乗車料金(往復+ホテル宿泊)

サンダーバード乗車手段 料金
金沢・加賀・能登ぐるりんパス
(※2名以上、京都大阪神戸発)
22,300円
北陸乗り放題きっぷ
(※2名以上、京都大阪神戸発)
21,850円
関西往復フリーきっぷ 21,330円(※販売終了)
サンダーバード指定席 21,580円
チケットレス特急券 21,180円
自由席 20,520円
回数券 20,400円
eチケットレス特急券 20,360円
eきっぷ 20,360円
WEB早特1 19,000円
JR+宿泊パック 13,400円〜

特急サンダーバードとホテルを別々で予約すると、最安でも19,000円。

ということで、宿泊ありの場合は「JR+宿泊」以外に選びようがありません

Web予約・料金大阪⇔金沢の格安サンダーバードホテルパック

日本旅行「サンダーバード旅行特集」も要チェック!

サンダーバード旅行特集

日本旅行では、サンダーバードの格安ツアーを常時提供しているので、こちらもチェックしてみてください。

期間限定の激安ツアーや学生旅行ツアーなどが、多数用意されています。

Web予約サンダーバード旅行特集|日本旅行

 



 

2.【宿泊なしの場合】往復サンダーバードの最安値

次に宿なしの場合です。

例えば実家で泊まる、友達の家に泊めてもらう、日帰りなどでホテル予約が必要ない場合は、JRの往復チケットだけですね。

また宿ありの往復でも、自分で特定の土地の特定の宿を取りたい場合などは、往復チケットだけを自分で用意したほうが自由度が高いです。

料金比較!最安は「WEB早特1」

大阪ー金沢の各チケットの料金比較は下記の通りです。

大阪ー金沢 特急サンダーバード乗車料金(往復)

サンダーバード乗車手段 料金
金沢・加賀・能登ぐるりんパス
(※2名以上、京都大阪神戸発)
16,300円
北陸乗り放題きっぷ
(※2名以上、京都大阪神戸発)
15,850円
関西往復フリーきっぷ 15,330円(※販売終了)
サンダーバード指定席 15,580円
チケットレス特急券 15,180円
自由席 14,520円
回数券 14,400円
eチケットレス特急券 14,360円
eきっぷ 14,360円
WEB早特1 13,000円
日帰り金沢 8,800円

純粋に料金だけを考えれば「WEB早特1」がおすすめです。もちろん、大阪ー金沢の上り下りともに利用可能です。

「WEB早特1」は片道のみの利用できますし、好きな便も選べるので自由度が高いです。片道6,500円、往復13,000円。ネット予約の「e5489」から前日まで予約可能です。

大阪からの日帰りの金沢往復(サンダーバード乗車)なら、「日帰り金沢」という旅行商品を検討してみてください。

関西(大阪・京都)発の日帰り往復なら「日帰り金沢」でサンダーバードが激安

日帰り金沢

関西(大阪・京都)発の金沢日帰りは「日帰り金沢」が最安です。期間限定格安チケットです。

「日帰り金沢」は、往復のサンダーバード便が限定されているので、日帰りツアーという形になりますが、現地では完全自由ですし、とにかく8,800円と格安なのが魅力です。

Web予約・料金【大阪⇒金沢が激安!】日帰り金沢

「日帰り金沢」の主な特長は以下の通り。

  • 大阪・京都ー金沢の往復サンダーバードが激安!
  • 関西(大阪・京都)発のみ(※金沢発は不可)
  • 北鉄バス1日フリー乗車券付
    ※特典内容は時期によって変更になることがあります。
  • 往路復路:サンダーバード乗車
  • 一人利用可
  • 高槻、新大阪、京都乗車も可
  • こどもは半額

日帰り金沢の乗車便は下記のとおり限定されています。

時刻表
(画像引用元:日帰り金沢|日本旅行)

現地滞在時間は最大約10時間は確保されていますので、金沢1日旅行には最適です。

さらに詳しくはこちらを参考にしてください。
関連ページ【大阪ー金沢 往復8,800円】日帰り金沢でサンダーバードが格安に!



2019年12月6日格安比較