【往復9,800円~】大阪⇔出雲(出雲大社)の新幹線を格安にする方法

【楽天トラベル】6月の激安クーポン早い者勝ち!
新幹線・航空券・バスに使えるお得なクーポン配付中!
クーポン祭り6/30までのお得な割引クーポンはこちら
ポイント還元最大40%還元|スーパーDEAL

新幹線・出雲大社

ここでは、大阪ー出雲(出雲大社)間を往復する場合のJR(新幹線+特急)料金について書いています。

往復というとJRの「往復割引」が真っ先に思いつきますが、必ずしも新幹線正規料金の往復割引が最安とは限りません。そもそも大阪ー出雲間は往復割引がききません。

JR(新幹線+特急)の往復料金は、宿泊のあり/なしで選び方が全く異なるので、ここでは以下の2つのケースに分けて往復料金の最安チケットを紹介します。

  1. 宿泊ありの場合(関西もしくは出雲泊) ⇒ 往復18,000円~
  2. 宿泊なしの場合 ⇒ 往復9,800円

上記1、2を場合分けして、詳しく見ていきましょう。

 




1.【大阪ー出雲(出雲大社)】宿泊する場合の往復料金の最安値

日本旅行新幹線パック

宿泊する場合は、「新幹線+宿泊パック」を利用するのが賢い方法です。最も格安です。

大阪ー出雲(出雲大社)なら、18,000円~で探せます。(※料金は時期により多少変動します)

Web予約・料金新幹線+ホテル宿泊がお得!|日本旅行

「新幹線パック」というのは、新幹線の往復料金と宿泊がパックになった旅行商品のことです。

新幹線パック内容

「新幹線パック」が格安すぎて他と比較しようがない

格安新幹線+ホテルパック

普通にJRでチケットを買うと大阪ー出雲の新幹線(+特急)料金は約21,860円〜(往復)です。

一方「新幹線パック」だと、上記の通り往復新幹線に宿泊までついて18,000円~で探せます。往復の新幹線料金だけでも圧倒的に格安なのに、それに宿泊まで付いてきます。

「この料金差は何?怪しい…」と思うかもしれませんが、とくにデメリットはありません。列車も選べますしホテルも選択可能です。

他にもたくさん格安チケットがありますが、チケットとホテルを別々に取ってしまうと、どうやっても「新幹線パック」には料金で勝てません。

Web予約・料金新幹線+ホテル宿泊がお得!|日本旅行

他の格安チケットとの往復料金比較

各種新幹線往復チケットの料金は以下の通りです。

新大阪ー岡山間は新幹線、岡山ー出雲間は特急やくもの指定席に乗車するものとします。

新大阪-出雲市の新幹線料金(往復)

新幹線乗車手段 料金
のぞみ・さくら+やくも指定席 22,280円
ひかり・こだま+やくも指定席 21,860円
こだま&やくも指定席往復きっぷ(※2名以上) 13,990円
阪神早特往復きっぷ(※出雲・松江発のみ) 12,340円

普通に乗車券を購入すると往復22,000円前後。

格安チケットもいくつかありますが条件があります。「こだま&やくも指定席往復きっぷ」は2名以上、「阪神早特往復きっぷ」は出雲・松江発限定です。

上の各新幹線料金にホテル代を仮に6,000円(1泊)として加算してみると以下のようになります。

新大阪-出雲市の新幹線料金(往復+宿泊あり)

新幹線乗車手段 料金
のぞみ・さくら+やくも指定席 28,280円
ひかり・こだま+やくも指定席 27,860円
こだま&やくも指定席往復きっぷ(※2名以上) 20,990円
阪神早特往復きっぷ(※出雲・松江発のみ) 18,340円
新幹線パック 18,000円〜

新幹線とホテルを別々で予約すると、最安でも18,340円。

ということで、宿泊ありの場合は「新幹線パック」以外に選びようがありません

Web予約・料金新幹線+ホテル宿泊がお得!|日本旅行



 

2.【大阪ー出雲(出雲大社)】宿泊なしの場合の往復新幹線の最安値

出雲大社大鳥居

次に宿なしの場合です。

例えば実家で泊まる、友達の家に泊めてもらうなどでホテル予約が必要ない場合は、新幹線の往復チケットだけですね。

また宿ありの往復でも、自分で特定の土地の特定の宿を取りたい場合などは、往復チケットだけを自分で用意したほうが、「新幹線パック」より自由度が高いです。

上り(出雲・松江発)なら最安値は「阪神早特往復きっぷ」

上述した通り、純粋に新幹線のみの料金だけを考えれば、最安はJR西日本が販売する「阪神早特往復きっぷです。

ただし、「阪神早特往復きっぷ」は上り(出雲・松江発)限定という条件があります。

下り方面は「こだま&やくも指定席往復きっぷ」が最安になりますが、日帰りなら「バリ得こだま出雲・松江」を利用するのが良いでしょう。

関西発・日帰りなら「日帰り出雲・松江」

バリ得こだま出雲・松江

  • 関西(大阪・神戸)発の出雲・松江往復
  • 一人利用
  • 日帰り

上記の条件においては、最安は「日帰り出雲・松江」の往復9,800円です。

新大阪ー出雲市の片道料金は以下の通り。

新大阪-出雲市の新幹線料金(往復)

新幹線乗車手段 料金
のぞみ・さくら+やくも指定席 22,280円
ひかり・こだま+やくも指定席 21,860円
こだま&やくも指定席往復きっぷ(※2名以上) 13,990円
阪神早特往復きっぷ(※出雲・松江発のみ) 12,340円
日帰り出雲・松江 9,800円

新大阪ー出雲市が往復9,800円。さらに、出雲市ー出雲大社前の鉄道(一畑電車)が乗り放題の「1日フリー乗車券」が付いてきます。

Web予約・料金【期間限定】日帰り出雲・松江|日本旅行

日帰り出雲・松江の詳細は以下にまとめています。
参考ページ【大阪ー松江・出雲9,600円〜】こだま&やくも指定席往復で出雲大社日帰りが格安に!

 

【大阪⇔出雲(出雲大社)】新幹線 vs 高速バス、飛行機

最後に、高速バスやフェリーとの比較についても簡単に触れておきましょう。

大阪ー出雲の移動は、新幹線以外にもいちおう高速バスとフェリーという選択肢があります。

(大阪ー出雲)新幹線、高速バス、飛行機の比較

それぞれを比較すると以下の通りになります。

新幹線 高速バス 飛行機
料金(往復) 9,800円〜 約9,400円〜 約30,000円〜
時間(片道) 約4時間 約5時間 約3時間
移動の煩雑さ ×
体への負担

かなりざっくりしていますが、料金は高速バスが最安。飛行機はLCCがないので往復30,000円前後となります。

時間と移動の面倒さで見れば、新幹線にメリットあるでしょう。高速バスやフェリーは便数が少ないですし、飛行機は伊丹空港までの交通費と時間が余計に必要です。

格安航空券なら「エアトリ」です。国内全社の最安値を一括検索できます。
格安航空券エアトリ







2019年2月15日格安比較